kqito's 技術ブログ

技術やプログラミングについて思ったことを呟くブログ

学生中に基本/応用情報技術者試験の取得する事のすヽめ

はじめに

最近はWebフロントエンドエンジニアのインターンを行ったり、研究室に配属されてからはITに精通する人との関わりがかなり増えてきました。

その中で基本情報・応用情報を取得してて良かったなと思うことが増えてきたので、勉強方法などを共有したいと思います。

私が取得している資格

私は

など取得しています。

セスペについては一回受験しましたが、午後Ⅱがあと数点足りなくて落ちました...

しっかり勉強しないとw

何に役立つのか

「資格勉強して良かったな」と思う事は以下の三点です。

会話の成立

これが一番良かったなと感じる事です。

その中で「あ!、これゼミでやったところだ!!」ってなる時がめちゃくちゃあります。

よくアルファベット三文字で会話することがあり、その単語を知らないと「え、それってどういう意味ですか」ってなります...

わからないことを聞くことは素晴らしい事ですが、予め知ってた方がスムーズに会話できるのでそれに越したことはないと思います。

学生は社会人と比較すると実際に働いている時間が少ないです。その経験や知識の差を埋めるには資格勉強が一番良いと感じます。

ビジネス・経営の知識が身に付く

エンジニアとして活躍するだけではなくプロジェクトメンバの一員として経営的な部分にもコミットするには、ビジネス・経営等の経験・知識が必要です。そういった部分を学生の内から獲得することに魅力を感じます。今アルバイトしている会社でも基本・応用情報で獲得した知識を活かすことができているので「資格勉強してよかった」と思うことが多々あります

理解度が深まる

新しい物事を勉強する時に理解度がめちゃくちゃ深まります。

例えばコンテナオーケストレーションであるKubernetesについて勉強を始める際に、そもそもコンテナ技術について理解度が高まっている状態と「なにそれ美味しいの」状態だと理解の速度は段違いだと思います。

基本情報・応用情報ではそういったベースとなる知識を学習することが多いため、今後エンジニアとして活動する中で役立つ機会が多くなると感じます。

ある程度の知識を有していることの証明になる

これは実感すること自体はありませんが、資格がないよりかは持っているに越したことはないと思います。

資格はいらないという意見について

「資格なんていらない」という意見もあります。それは

資格勉強で獲得した知識 ≠ 実務

だからです。

「資格が取得できているからエンジニアとして優秀」なんてことは決してないと思っています。資格に必要とされているスキルとエンジニアに必要なスキルは別だからです。

それでも上記で述べたメリットは存在し、そのために取得するだけの価値があるのではないかと感じます。

どうやって勉強したらいいの?

最後に私が実際に行った基本情報と応用情報の勉強方法をまとめたいと思います。

それぞれ午前問題と午後問題が存在し両方とも60点以上で合格です。

午前問

午前問題は4択問題です。午前問題は90%ぐらいは過去問題から出題されるため以下のサイトで勉強することをオススメします。

基本情報・過去問道場

応用情報・過去問道場

上記のサイトは解説付きでクイズ形式で問題を解けるサイトで、かなりこのサイトには助けられました。

自分が得意・苦手な分野も把握することができるので1日100問を解く習慣をつけることをお勧めします!

午後問

午後問題は文章問題です。 勉強方法は過去問題を解きまくることです。(これが一番点数が伸びます)

上記の過去問題道場のサイトでも午後の勉強ができるのでそれで勉強しても良いと感じますし、IPAのサイトから過去問がダウンロードできるので腕試しすることも重要だと感じます。

過去問題一覧(IPAより)

正直、午後問題難しいですw。午後問題には力を注いで勉強した方が良いと思います。特に応用情報からは記述形式の問題がでてくるので根本的に理解してないと答えられません。

問題や解答方法に慣れるためにも過去問を解きまくることが合格への近道です。

ちなみに

午後問題の難易度ですが、

基本情報 > 応用情報

と感じます。

基本情報は問題が難しめだけど選択形式

応用情報は基本情報よりは易しい代わりに記述形式

という感じがします。

まとめ

資格勉強をしてきて良かったなと感じることをまとめてみました。

資格勉強で得られる知識はエンジニアとして活動する中でも得られる知識が多いですが、 早めにその知識を取得することで良いエンジニアのキャリアを歩むことができるのではないのでしょうか。

また、社会人になると時間が確保しにくくなってしまう事も懸念されるので、 時間が比較的多い学生中に資格を取得してみてはいかがでしょうか。

以上です。

セスペ頑張って取得します...